帝王切開 次の出産

MENU

帝王切開を理解しよう

 帝王切開での出産を経験すると、次のお産ではできれば自然分娩でと望んでしまう人もいるかと思います。でも帝王切開後の次の分娩は、再び帝王切開となることが多いのが現状です。

 

 

帝王切開と次のお産

 帝王切開による分娩を経験している場合、次のお産はすべて帝王切開となることもあれば、条件が整っている場合は自然分娩を試せることもあるなど、病院によって判断はさまざまなようです。帝王切開後の自然分娩に関するリスクについて、病院によって医師の考え方や病院設備などの準備が異なるためです。

 

 医師からは反対されても、次のお産はどうしても自然分娩でなくては…と思うのであれば病院を替えることでチャンスはあるかもしれません。ただし、その場合はリスクについてきちんと理解・納得したうえで医療機関を選ぶようにしてください。

 

 

帝王切開後の自然分娩のリスク

 帝王切開の手術では、子宮に手術の跡が残ります。その後におこなう自然分娩の場合、子宮に陣痛のストレスがかかりますので、子宮にある傷などの弱い部分が原因となって子宮破裂というリスクがともないます。
 子宮破裂になると、大量出血し、赤ちゃんは子宮外に出てしまって低酸素状態になってしまいます。そしてこの状態から帝王切開に切り替えたとしても、赤ちゃんを救うことは困難となります。
 子宮破裂は、前回が帝王切開の場合0.5%の確率、約200人に1人の割合で起こるといわれています。確率としては低いかもしれませんが、万が一起こった場合、赤ちゃんを救えたとしても低酸素状態の影響が残ってしまうなどのリスクがあります。また、お母さんも大量出血をするために輸血が必要になるでしょう。

 

 

 

帝王切開後の自然分娩の可能性

 子宮破裂のリスクを理解・納得したうえで、自然分娩を望むお母さんもいます。ただし、前回の帝王切開の理由が、赤ちゃんの頭の大きさと比べてお母さんの骨盤が狭い場合や、すでに2回帝王切開をしている場合などは自然分娩がむずかしいでしょう。
また、次回の赤ちゃんの大きさや胎位なども含めて、自然分娩が可能かどうか医師が判断することになります。

 

 

帝王切開を繰り返すときの妊娠時期

 帝王切開による分娩の後に次の子を望んでいる場合、どのくらいの期間をおいて妊娠するとよいのかは、手術後の経過によって異なってきます。
 感染などのトラブルがなければ、一般的に1年後には、妊娠しても問題ないといわれています。

 

 もし引っ越しなどで、次にお産する病院が違うのであれば、前回の手術と術後の記録がわかるようにするとよいでしょう。